内政治は、従業員が同僚の評判を傷つけることによって、自分の力だけでコントロールできない何かを得ようとするときに発生します。そして、社内政治に夢中になっている従業員は、自分の仕事を顧みないことが報告されています。単に脚光を浴びるために自分の力を悪用し、上司だけでなく、管理職の注目を集める傾向があるときに、社内政治を行っています。

 

社内政治が起きる理由

社内政治から知的成果物は生まれません。代わりに、職場での批判と否定につながります。
社内政治はストレスやフラストレーションを増大させ、個人間の関係も台無しにします。

 

努力せずに脚光を浴びたい人は政治に頼る
努力をせずに昇進するためだけに出勤し、一生懸命働くことをしていない人たちがいます。そのような人は、意地悪な政治に依存する以外の選択肢はありません。彼らは、仲間のネガティブなイメージを作るために奔走します。
例をあげましょう。佐藤さん、鈴木さん、高橋さんは、有名な組織のブランディングチームの代表格でした。佐藤さんと鈴木さんは100%仕事をこなしましたので、彼らの上司である、田中さんからの自分の評価は下がると高橋さんは確信していました。しかし、田中さんは高橋さんを完全に信頼しきっており、彼だけを信用しました。田中さんは佐藤さんと鈴木さんを決して信用せず、あらゆる間違いについて彼らを非難しました。その結果、高橋さんは昇進し、新しいチームリーダーに任命されました。

個人的な関係
従業員間のプライベートな関係も、政治につながる場合があります。ビジネスと私生活を混ぜてはいけません。あなたのチームメンバーはあなたの親友かもしれませんが、仕事においては他の人と同じように扱われる必要があります。特定の人に特別な恩恵を与えるべきではありません。

非難ゲーム
職場では常に自分の発言をコントロールしなければなりません。関連性のある話をして、常に他人の欠点を見つけてはいけません。相手の言うことに耳を傾けること、誰の意見も重要であること、人は自分の責任を自覚することを学ぶべきです。

信頼の欠如
同僚を信頼することが不可欠です。同僚はあなたに何かを打ち明けるかもしれません。だからと言って、同僚の打ち明けたことすべてをそのまま上司に伝えて良いというわけではありません。そんなことをしたら、考えるまでもないですね。
もしあなたが誰かを助けることができないのであれば、危害を加える権利さえないのです。
最終的には自己開示していくことが長期的に役立つ信頼と人間関係を構築する方法であることを覚えておく必要があります。あなたの同僚は、あなたの親友になることもできます。
成功への近道はないことを忘れないでください。

情報操作
上司を誤解させるために情報を操作することは、社内政治につながります。
希望する形式で報告する必要があります。

ゴシップ
社内政治は、従業員が不要なうわさ話に夢中になっているときにも発生します。足を引っ張ること、批判、裏切り、憎しみは社内政治につながります。嫉妬深い従業員は、仲間の労働者がうまくやることを決して望みません。