い組織のリーダーとは、先を考え、計画を立てる人です。リーダーは解決策が準備されており、従業員の心の動きを理解しています。リーダーが自分の仕事をうまくこなすために持っていなければならないスキルとは何でしょうか?あなたも立派なリーダーになる方法を知るために読んでみてください。

 

優秀なリーダーになるために必要なこと

時間を使いこなす
優秀なリーダーは、常に自分の時間を上手に管理する立場にあります。リーダーは、進行中や保留中のタスクのリストに、優先順位をつける方法を知っているでしょう。最も重要なことは、リーダーは「緊急」と「重要」の違いを知っていることです。覚えておいてください、緊急であるすべてのものが重要ではありません。また、重要なことがすべて緊急ではありません。

質問をする
リーダーは、従業員の組織への貢献度を評価するのに役立つ質問をする必要があります。また、組織の目標に向かって、従業員がどう貢献できるかを理解させるのに役立つ質問をしてください。リーダーは従業員に、自分が行うタスクは何か、自分のタスクが全体像とリンクしていると感じているか、自分のパフォーマンスの邪魔になるようなことはないか、と質問を行い、従業員の業務における心配事を取り除かなければいけません。

ワークライフバランスを提供する
労働時間が増加している今日の世界では、仕事のできるリーダーは、従業員が私生活と仕事のバランスを保つことができるようにしなければなりません。生産性の高いリーダーは、時間通りに退社し、金曜日や営業日の終わりにはミーティングを避け、休日や終業後には社員に電話をしないなど、常に模範となるようにしなければなりません。優秀なリーダーは、効果を上げる従業員を抱えていることを覚えておいてください。

従業員の成長管理
優秀なリーダーは、常に従業員とともに個人開発計画(PDP)を作成します。リーダーは従業員が希望する分野で、従業員個人の状況を考慮した上で成長計画を組む必要があります。それによって、従業員は奨励され、評価されるようになるでしょう。

従業員に話をさせましょう
優秀なリーダーは、聞き上手でなければなりません。あなたの部下と「オープンアワー」を開き、彼らに本心を語らせてください。あなたは部下が持っているアイデアの数を知って驚くことでしょう。リーダーは常に「沈黙は金、雄弁は銀」という信条に従ってください。あなたの部下は話を聞いていると感じ、彼らはまた自分の考えを述べるようになります。

ブレーンストーミングを促進し、アイデアを生成しましょう
仕事のできるリーダーは、会議室に集まり、特定の問題を解決するためのアイデアについてブレーンストーミングを行うように部下に掛け合います。ディスカッションは常に健全であり、ほとんどの場合、ディスカッションは各々が納得のできる解決策にも役立ちます。

勇気を出しましょう
ピーター・ドラッカーによれば、「ビジネスが成功したときはいつでも、誰かが勇気ある決断をした」と述べています。真のリーダーは、必要に応じて常に勇気ある決断を下す準備ができています。

有能であること
「上手に自慢してキャリア・アップする法」というビジネス書には、自慢は最大の自己アピールということが書かれています。最も安全な方法の一つは、チームの成果を称え、注目を集めることです。良い仕事をした社員を褒め、その際には何が良かったのかを具体的に伝えましょう。握手は、彼らの貢献と成功について喜んでいることを示すジェスチャーです。行動することで、リーダーとしての能力を証明できます。

先見性を保つ
未来に何が待ち受けているかは、魅力的な話題です。とはいえ、慎重に扱う必要があります。守ることができないかもしれない約束はせずに、可能性のある結果や利益を伴う目標を具体的にすることが重要です。成功したリーダーは、自分の目標を知り、パフォーマンスと目標が対称になっているかどうかを確認します。